FANDOM

1,927,524 Pages

StarIconGreen
LangIcon
​reStart

This song is by WaT and appears on the best album WaT Collection (2007).

めぐり逢う 偶然が響き合い
街に 明かり 灯る 季節
でも君と またここで逢えるのは
必然かもしれないね

駆け上がる 歩道橋足音に
白く 滲む 息を 重ね
思い出は 色褪せることもなく
時は止まったまま

駅まで続く長い坂道も
ビルの屋上見下ろす街も
公園の隅揺れるブランコも
あの頃と同じだね

どれだけの思い出を並べるより
またこうして君と過ごせれば
止まった時も動き出すさ
これから生きる時間の話しをしよう
一瞬(ひととき)を 積み重ね
時代は創られてゆくから

ありふれた 十二月のざわめき
飾る 街に 冷えた 空が
少しだけ 不安に思えるのは
何か変わるってこと

今まで言ったアリガトウの数
今まで言ったゴメンネの数
ささやかな夢も苦い現実も
季節を満たしてゆく

街角に鳴り響くクラクション誰かの声
交差点人波追い越せば
広がる視界 過ぎゆく世界
これから生きる時間の話しをしよう
一瞬を 積み重ね
時代は創られてゆくから

どれだけの思い出を並べるより
またこうして君と過ごせれば
止まった時も動き出すさ
これから生きる時間の話しをしよう
一瞬(ひととき)を 積み重ね
時代は創られてゆくから