FANDOM

1,928,114 Pages

StarIconGreen
LangIcon
​輪廻の砂時計

This song is by Sound Horizon and appears on the album Thanatos (2002) and on the album Pico Magic Reloaded (2003).

──やがて訪れる朝日 銀色の馬車が導く ひとつの終焉──

星屑を集めるように 朽ちてゆく世界で
零れ堕ちるまでの詩を綴る
美しく咲いてる花も 過ぎ去れば砂になり
静かなる終わりの場所へ落ちる

煌く星空を詰めた 銀色の砂時計

苦痛に身を委ねる 輪廻を信じて
微笑んだままで逝く...「私は生きてた」

最期の我侭が 通るならお願い
真夜中に逝くのは 寂しいから嫌だ
出来れば始まりの 朝の光の中で
新しい訪れの 息吹感じながら
笑いながら 歌いながら あなたの腕の中...

蒼く揺らめいて燃える 最期の焰は
あなたの腕で消える...「私を愛した」

苦痛に身を委ねる 輪廻を信じて
微笑んだままで逝く...「私は生きてた」

(La La La La La La La La La La...「私を愛した」
La La La La La La La La La La...「私は生きてた」)

(La La La La La La La La La La...「私を愛した」
La La La La La La La La La La...「私は生きてた」)

(La La La La La La La La La La...「私を愛した」
La La La La La La La La La La...「私は生きてた」)