FANDOM

1,927,180 Pages

StarIconGreen
LangIcon
​詩人バラッドの悲劇 (shijin barrado no higeki)

This song is by Sound Horizon and appears…

The Japanese title of this song is "詩人バラッドの悲劇". This is read as "shijin barrado no higeki".
(第七巻 168頁)

最期の詩…
それはあまりにも素晴らしく
兵は街の恋人に詩って教えた
やがてその詩は 人から人へと伝わり
誰が綴ったかもわからぬ
その名もなき詩は 大陸中に広まった…

強く美しき時の女王
絶対的な権力の前に 誰もがひざまづく
来たる女王の誕生祭
その美貌を称える詩を捧げよと 一人の詩人に命じた…

女王は問う…
「この世で一番美しいのは誰じゃ?」
…しかし、彼は譲らない
「私の世界では、陛下は二番目にお美しい…」

「枯れてしまった花の美しさ…
それは、追憶という名の幻影
朽ちることなく永遠に咲き続けられる庭園
例え、気高く美しき薔薇でさえ
花である以上、枯れてしまった花には及ばない…」

その詩に女王は激昂した
「そなた、余に枯れてしまえと申すのか!?」
宰相の合図一つで兵達は詩人を取り囲んだ…

天才と謳われし詩人 彼の名はBallad
今は冷たい地下牢の隅 最期の詩を綴っている…

処刑の刻が近づき 胸に薔薇の紋章を抱いた
牢番の兵は聴いてしまった 彼の綴った最期の詩を…

最後の鐘が鳴り終わり
処刑は厳かに執り行われる
最期の瞬間 思い出すのは…
故郷の空 風の匂い
今は亡き彼女と過ごした日々…

冷たい秋風が冬を導くように
旅の娘が一人 想い人を尋ねて流離う
どこか懐かしい その詩を口ずさみながら…