FANDOM

1,927,263 Pages

StarIconGreen
LangIcon
​永遠の少年 (Eien no shounen)

This song is by Sound Horizon and appears on the album Lost (2002).

The Japanese title of this song is "永遠の少年". This is read as "Eien no shounen".
(最後の記憶)

(ねえ君、生きてるのって楽しいかい?)

「人はさぁ...無意識の内に闇を照らすのを避けてるんだ
照らされざる闇はより昏く深くなってゆくって知ってたかい?
闇なんてさぁ...抱えてないような顔をして日々を生きてる
そんな君の中はとても居心地が良いんだ...」

(ねえ君、生きてるのって楽しいかい?)

「どんな闇を用いても闇の深さは測れないんだ...でも
そのことに気付いた時にはもうそこまで届く光は抱けないのさ
例えば君がいなくなったって誰も困りはしないんだよ
唯忘却と喪失の狭間で揺れるだけ...それだけなんだ...」

「奪い続ける物語を...」
「忘れ続ける物語を...」
「失い続ける物語を...」
「幻想の名を騙りそこに在る現実を...」

(ねえ君、生きてるのって楽しいかい?)

「君はさぁ...自分ひとりで生きてるつもりなんだろうけど...
君が生きる為にどれだけの命が奪われるのか知ってるかい?
そして...それはこれからも続いてゆく物語...
気持ち悪いよね...それって凄く気持ち悪いよね?」

「えっ...どうしたら良いかって?」
「...そんなの簡単さ」
「君はまだ解らないないのかい?」
「そうさ...いなくなっちゃえば良いんだよ...」

「...逃げるのかい? 何処まで逃げたって無駄さ
僕は君の中にいる...そして彼の中にも...彼女の中にもね
喪失の地平線は第三の幻想を纏い 何処にでも現れるんだ
君が『生きたい』と願い続ける限り
『Lost』からは逃げられないのさ...」

(ねえ君、生きてるのって楽しいかい?)

「記憶とは澱まないよう流れ続ける水のような詩なのさ
例えその流れが止まったとしても
そこは終わりの場所じゃないんだ
君の中の円盤が廻り出せば 水は再び流れ幻想を奏で出す
そして君は...何度でも『Lost』に戻ってくる...」

(ねえ君、生きてるのって楽しいかい?)