FANDOM

1,927,486 Pages

StarIconGreen
LangIcon
​闇の彼方へ

This song is by MintJam and appears on the album Philosophyz / 闇の彼方へ(MintJam Version) (2011).

三日月の灯火も、瞬く星も、街の明りも消えていった
闇に包まれても、見えなくなっても傍にいるよ

終わりゆく時代にも確かに芽吹く命があるの、ほら
瞳を閉じたなら、今はその鼓動が優しい

濡れた頬を撫でる風に揺れる草の様に
君とふたり寄り添い、見届けてゆけたらいいね

暗闇に隠れても、花の香りも、虫の羽音もそこにあるの
判り合えたのなら、感じ取れたら手を繋ごう

ゆっくりと歩めば、君の歩幅は心地の良いリズム
手のひら越しに伝う温度さえ揃った気がした

過ぎゆく景色の果て、向かう先に何も無いとしても
君がいるならそれだけでいいと思える

懐かしいあの丘も、遮る森も、荒れた岩場も越えてゆこう
迷うことなくただふたりの道を進んでゆこう

三日月の灯火も、瞬く星も、街の明りも消えていった
闇に包まれても、見えなくなっても傍にいるよ

暗闇に隠れても、花の香りも、虫の羽音もそこにあるの
判り合えたのなら、感じ取れたら手を繋ごう