FANDOM

2,029,653 Pages

StarIconGreen
LangIcon
RETRIEVE

This song is by Kotoko and appears on the album 硝子の靡風 (2005).

深く暗く落ちてく棕櫚の海
醒めてどこを目指すの? 渦の真ん中で

苛立つような音 もうやめて
逆さまの世界で今、何を見るの?

信じれば波の奥に探してた場所が現れる?
もがく指からこぼれ空を彷徨う
真実はたった一つと遠くから記憶が叫んでる
もがき疲れた手足が覚えている
眠る森の匂い

おいで何も怖くはないからと
あちら こちら どこから誘い惑わすの?

知らない方が まだ幸せ
慣れすぎた世界は身を壊してゆく

のまれた波の奥で見つけた幻想の花の群れ
そこに混じって咲くのもいいと迷った
そっとただ待っているのは 変わらぬ故郷の青い空
まだ間に合うと濁った水を蹴った
いつか還る場所へ

信じれば波の奥に永遠の揺りかご現れる
泳ぎ疲れて求めた愛の偶像
真実はたった一つと遠くから記憶が叫んでる
失うのなら思いをそっと休めて
再び飛び立つ日まで…

External links