FANDOM

1,927,903 Pages

StarIconGreen
LangIcon
​Geoglyphs

This song is by Kotoko and appears on the album イプシロンの方舟 (2009).

KanjiEdit

日射しの熱さに思わず目を閉じた
蜃気楼と過ぎて行く夏の匂い
あの日 荷物の重さで膝付き傾く背中に
そっと触れたから 動きだした

どこまでも続くレールのように
交わらぬことも解ってるのに

知ってしまったから 最初の地図にはもう戻れない
また見ぬ空間で壊れるほどに抱きしめたい
揺らめく感情は新たな脈動に形を変えて
何も恐れずに信じて繋がる時はいつか来るの?

地底を旅して涙に埋もれた瞳に
小さく(かす)れる声 光くれた

許されぬ縄と知ってても
傷だらけの指 それを掴んだ

感じ始めたから 子供の顔にはもう戻れない
不器用なままに真実の夢 解き放つの
真夏の太陽にこの身を焼かれて消えるとしても
途切れる瞬間の煌めく閃光を君と二人見たい

“疑ってしまうから言葉はいらない”小さく吐いて
背中越し不意にただ強く抱きしめて佇んだ
行く手に広がる真っ直ぐな道に目眩を覚え
青すぎる空と果てない荒野をずっと二人見てた