Fandom

LyricWiki

Do As Infinity:Under The Moon Lyrics

1,870,154pages on
this wiki
Add New Page
Talk0 Share

Ad blocker interference detected!


Wikia is a free-to-use site that makes money from advertising. We have a modified experience for viewers using ad blockers

Wikia is not accessible if you’ve made further modifications. Remove the custom ad blocker rule(s) and the page will load as expected.

StarIconBronze
LangIcon
under the moon

This song is by Do As Infinity and appears on the Singles collection album Do The A-side (2005).

Original video
Wikipedia sphere
Wikipedia has an article on
under the moon
雨上がりの濡れたアスファルトに
長い影が浮かんでいました
それはとてもキラキラしていて
急に涙 溢れてきました
君が導いた
いばらの道で血を流して
錆びてゆく

胸の奥底で疼く
悶える体を海に沈めたい
望まない闇の向こう
震える私を月が笑ってた

つくりかけて すぐに諦めて
理由もなく壊してしまった
それはいつも カタチないもので
失した後 初めて気づくもの
君を抱きしめた腕が
邪魔なら踏みつぶしてしまえばいい

運命の糸に巻かれ
身動きできずに 躓いてばかり
音の無い世界なんて
君がいたとしても
生きる意味もない

君の背中押す手を止めないで
最期まで見届けて...

運命の糸に巻かれ
身動きできずに 躓いてばかり
音の無い世界なんて
君がいたとしても
生きる意味もない

わがままに通り過ぎる
果てしない闇をいくつも数えた
届かない空に唄う
こんな私を
月が照らしていた

Music by:

Dai Nagao ("D.A.I")

Lyrics by:

Tomiko Van

Arrangement:

D.A.I & Seiji Kameda

Trivia:

During the instrumental break, you'll hear part of Bach's "Brendenburg Concerto No.3" playing in the background.

Also on Fandom

Random Wiki