FANDOM

1,927,412 Pages

Romanized PencilEdit

Shuumatsu no oodoori o kuro neko ga aruku
Go jiman no kagi shippo o suihei ni ifuu doudou to
Sono sugata kara neko ha imikirawa re te i ta
Yami ni tokeru sono karada megake te ishi o nage rare ta

Kodoku ni ha nare te i ta mushiro nozon de i ta
Dare ka o omoiyaru koto nante wazurawashiku te
Sonna neko o dakiageru wakai ekaki no ude
"Konban ha suteki na o chibi san bokura yoku ni teru"

Ude no naka mogai te hisshi de hikkai te
: kodoku toiu na no nigemichi o
Hashitta hashitta umare te hajimete no
Yasashi sa ga nukumori ga mada shinji rare naku te
Dore dake nige ta tte kawarimono ha tsui te ki ta

Sorekara neko ha ekaki to ni dome no fuyu o sugosu
Ekaki ha tomodachi ni namae o yatta "kuroki kou" hooriinaito
Kare no sukecchibukku ha hotondo kuro kotogotoku me
Kuro neko mo hajimete no tomodachi ni kuttsui te amae ta ga aru hi

Mazushii seikatsu ni taoreru nadukeoya saigo
: no tegami o kaku to kare ha kou itta
"Hashitte hashitte koitsu o todoke te kure
Yume o mi te tobidashi ta boku no kaeri o matsu koibito he"

Fukitsu na kuro neko no e nado ure nai ga soredemo anta ha ore dake egai ta
Sore ko anta ha tsumetaku natta tegami ha tashika ni uketotta

Yuki no furu sandou o kuro neko ga hashiru
Ima ha ko ki shinyuu to no yakusoku o sono kuchi ni kuwae te
"Miro yo, akuma no shisha da!" seki o nageru kodomo
Nanto demo yobu ga ii sa ore ni ha kie nai namae ga aru kara

"Hooriinaito" "seinaru yoru" to yon de kure ta
Yasashi sa mo nukumori mo subete tsumekon de yon de kure ta
Imikirawa re ta ore ni mo imi ga aru to suru nara ba
Kono hi no tame ni umare te ki ta n daro u doko made mo hashiru yo

Kare ha tadori ki i ta shinyuu no kokyou ni koibito no ie made ato suu kiro da
Hashitta koron da sudeni manshin soui da
Tachiagaru mamonaku osoi kuru basei to bouryoku
Makeru ka ore ha hooriinaito sen kire sou na teashi o
Hikizuri nao hashitta mitsuke ta! kono ie da!

Tegami o yon da koibito ha mou ugoka nai neko no na ni
Arufabetto 1 tsu kuwae te niwa ni ume te yatta
Seinaru kishi o ume te yatta

Original (Japanese) PencilEdit

週末の大通りを 黒猫が歩く
御自慢の鍵尻尾を水平に 威風堂々と
その姿から猫は 忌み嫌われていた
闇に溶ける その体目掛けて 石を投げられた

孤独には慣れていた 寧ろ望んでいた
誰かを思いやる事なんて 煩わしくて
そんな猫を抱き上げる 若い絵描きの腕
「今晩は 素敵なおチビさん 僕らよく似てる」

腕の中もがいて 必死で引っ掻いて 孤独という名の逃げ道を
走った 走った 生まれて初めての
優しさが 温もりが まだ信じられなくて
どれだけ逃げたって 変わり者は付いて来た

それから猫は絵描きと 二度目の冬を過ごす
絵描きは 友達に名前をやった 「黒き幸」ホーリーナイト
彼のスケッチブックは ほとんど黒尽くめ
黒猫も 初めての友達に くっついて甘えたが ある日

貧しい生活に 倒れる名付け親 最後の手紙を書くと 彼はこう言った
「走って 走って こいつを届けてくれ
夢を見て 飛び出した僕の 帰りを待つ恋人へ」

不吉な黒猫の絵など売れないが それでもアンタは俺だけ描いた
それ故 アンタは冷たくなった 手紙は確かに受け取った

雪の降る山道を 黒猫が走る
今は故き親友との約束を その口に銜えて
「見ろよ、悪魔の使者だ!」 石を投げる子供
何とでも呼ぶがいいさ 俺には 消えない名前があるから

「ホーリーナイト」「聖なる夜」と 呼んでくれた
優しさも温もりも 全て詰め込んで 呼んでくれた
忌み嫌われた俺にも 意味があるとするならば
この日のタメに生まれて来たんだろう どこまでも走るよ

彼は辿り着いた 親友の故郷に 恋人の家まで あと数キロだ
走った 転んだ すでに満身創痍だ
立ち上がる間もなく 襲い来る 罵声と暴力
負けるか俺はホーリーナイト 千切れそうな手足を
引き摺り なお走った 見つけた! この家だ!

手紙を読んだ恋人は もう動かない猫の名に
アルファベット1つ 加えて庭に埋めてやった
聖なる騎士を埋めてやった