FANDOM

1,940,458 Pages

Romanized PencilEdit

Oto mo nai sekai ni
Maiorita I was snow

Nanika ga kowarete nanika ga umareru
Kurikaeshi muda na koto sae
Yamenai hito tachi fushigi na hito tachi
Nagameru watashi mo fukumareta

Hodokenai mondai nado ari wa shinai to
Shittetemo fukuzatu na dankai ga monogatari tsukutte yuku

Watashi nimo tada hitotsu no ganbou ga moteru nara
Kioku no naka saisyo kara wo hon ni shite madobe de yomu
PEEJI ni wa akai shirushi arawarete odoridasu
Tsuraresou dato omoi nante doukasiteru keredo
Kinjirareta WAADO wo tsubuyakeba saigo...

Dokoka e nigeru no doko nimo nigenai
Soredake de kachi aru ishiki
Megenai hito tachi yasashii hito tachi
Ugokasareta watashi no mirai

Nagaredasu tsuyoi chikara shiawase yobu to
Ki ga tsuita sonomama de hitsuyou na monogatari shirusaretara

Sonzai ga kawaru hodo no yume wo motte mitakunaru
Kanjou e to kyoukan e to tsunagareba madobe ni tachi
Shizukesa ni dakare nagara mata kyou mo matteiru
Yuruyaka ni furu mizu ja naku te motto sabisii tsubu

Iro ga nai sekai de
Mitsuketa no You are star

Sonzai ga kawaru hodo no yume wo motte mitakunaru
Kanjou e to kyoukan e to tsunagareba madobe ni tachi
Shizukesa ni dakare nagara mata kyou mo matteiru
Yuruyaka ni furu mizu ja naku te motto sabisii tsubu

Oto mo nai sekai ni
Maiorita I was snow

Original (Japanese) PencilEdit

音も無い世界に
舞い降りた I was snow

「生み出されてから三年間、わたしはずっとそうやって過ごしてきた」

なにかが壊れて なにかが生まれる
繰り返し無駄なことさえ
やめない人たち 不思議なひとたち
眺める私も含まれた

ほどけない問題など 在りはしないと
知ってても 複雑な段階が物語り創っていく

私にも唯ひとつの 願望が持てるなら
記憶の中 最初からを本にして窓辺で読む
ページには赤い印 現れて踊り出す
つられそうだと思うなんて どうかしてるけれど
禁じられたワードを 呟けば最後...

「この銀河を統括する情報統合思念体によって造られた対有機生命体コンタクト用ヒューマノイド.インターフェース。それが、わたし」

どこかへ逃げるの どこにも逃げない
それだけで価値ある意識
めげない人たち 優しい人たち
動かされた私の未来

流れ出す強い力 幸せ呼ぶと
気が付いた そのままで必要な物語り印されたら

存在が変わる程の 夢を持ってみたくなる
感情へと共感へと 繋がれば窓辺に立ち
静けさに抱かれながら また今日も待っている
ゆるやかに降る 水じゃなくてもっと寂しい粒

色が無い世界で
見つけたの You are star

「危機が迫るとしたら...まず、あなた」

存在が変わる程の 夢を持ってみたくなる
感情へと共感へと 繋がれば窓辺に立ち
静けさに抱かれながら また今日も待っている
ゆるやかに降る 水じゃなくてもっと寂しい粒

音も無い世界に
舞い降りた I was snow

「最初からわたししかいない」
「情報の伝えるのに齟齬が生じるかもしれない。でも、聞いて」
「それがわたしがここにいる理由、あなたがここにいる理由」
「信じて」