FANDOM

1,927,782 Pages

StarIconGreen
LangIcon
​そのとき僕は髪飾りを買う

This song is by 茅原実里.

君が落とした 髪飾り
渡せないままだった
ドレスが似合う
ただひとことが言えなくて

次々に誘われ廻る
ダンスの中 光る 月の欠片が舞い降りた
静かな輝き

笑っていたね
ならいいんだよ
おとなしい君がヒロイン
今宵の美しさを刻み込む 大切な場所へと
笑ってほしい
さみしい心を僕だけが知ってると思う
それが何?
自分が情けないと少し落ち込むんだ

眠れないから 歩こうか
紙ふぶき踏みながら
いつもの服じゃ
祭りの気分味わえず

街あかり歌声残り
エールを飲む 皆よ きっと楽しんだのだろう
星が瞬いた

あしたも君は
笑っていてよ
はしゃいでる顔が見たい
朝まで独りきりで繰り返す 残像の切れ端
自分もいつか
誇れるような大人になって申し込もう
一番と最後に
踊る為にもっと生きてみたい

花の模様が きらきら跳ねれば
揺れる髪が眩しくて

あしたも君は
笑っていてよ
はしゃいでる顔でいてよ
今宵の美しさに おとなしい君だってヒロイン
自分もいつか
誇れるような大人になって申し込もう
一番と最後に
踊る為にもっと生きてみたい