Fandom

LyricWiki

松任谷由実 (Yumi Matsutoya):風の中の栗毛 Lyrics

1,869,013pages on
this wiki
Add New Page
Talk0 Share

Ad blocker interference detected!


Wikia is a free-to-use site that makes money from advertising. We have a modified experience for viewers using ad blockers

Wikia is not accessible if you’ve made further modifications. Remove the custom ad blocker rule(s) and the page will load as expected.

StarIconGreen
LangIcon
風の中の栗毛

This song is by 松任谷由実 and appears on the album OLIVE (1979).

JapaneseEdit

ある朝私は光る風にまたがり
煙った小路を滑るように駆けだす
一鞭強くあてるとすぐに
木立や雲は時間にとけて
哀しい告白を託した郵便を
とりかえすのよ とりかえすのよ
あなたはまだ気付かない
ノックをしたなら封を切らず渡して
今までどおりに笑いあえる人でいて

それから私は光る風につかまり
流れる世界に羽根のように震える
なぜか瞳うるんでくるのは
冷たい空気を吸い込むから
愛になど泣かない少し前の私
とりもどすのよ とりもどすのよ
何も見えなくなりそう
ある朝私は光る風にまたがり
あなたの町へと露をけって急ぐの

Written by:

松任谷由実 (Yumi Matsutoya)

Also on Fandom

Random Wiki