Fandom

LyricWiki

松任谷由実 (Yumi Matsutoya):哀しみのルート16 Lyrics

1,870,709pages on
this wiki
Add New Page
Talk0 Share

Ad blocker interference detected!


Wikia is a free-to-use site that makes money from advertising. We have a modified experience for viewers using ad blockers

Wikia is not accessible if you’ve made further modifications. Remove the custom ad blocker rule(s) and the page will load as expected.

StarIconGreen
LangIcon
哀しみのルート16

This song is by 松任谷由実 and appears on the album A GIRL IN SUMMER (2006).

JapaneseEdit

涙に濡れたセンターライン フィルムのように流れてゆくよ
長距離便のひくいクラクション ふたり最後の航海の汽笛に

きこえて来る Route16
心変わり責めないわ

もっともっと好きだった もっともっとあなたたより
思い出が多すぎて この道は遠すぎて
戻れない哀しみのRoute16

海が見たいと気まぐれ云って ひきとめたりはしていないけど
フロントグラスたたく雨粒 パイプラインが崩れるような音

きこえて来る Route16
別れに理由はないのなら

もっともっと会いたかった もっともっといつまでも
そのままのきみでいて 死ぬときもそばにいて
ささやいた約束のRoute16

涙に濡れたセンターライン フィルムのように流れてゆくよ
フロントグラスたたく雨粒 パイプラインが崩れるような音

きこえて来る Route16
心変わり責めないわ

もっともっと好きだった もっともっとあなたたより
思い出が多すぎて この道は遠すぎて
戻れない哀しみのRoute16

そのままのきみでいて 死ぬときもそばにいて
ささやいた約束のRoute16

思い出が多すぎて この道は遠すぎて
戻れない哀しみのRoute16

Also on Fandom

Random Wiki