FANDOM

1,928,062 Pages

StarIconGreen
LangIcon
​Portamento

This song is by 川田まみ and appears on the album SAVIA (2008).

KanjiEdit

こぼす涙も枯れ果てた木が、微かに枝を揺らせば
夏の青さのひと時がふと瞳かすめてく
 
移ろう時はなぜか淋しい
何でも知ったような目で、まるで大人みたい
微笑む顔がチクリ痛かった

ああ すぐに枯葉を拾い集めて
手紙書けばいつか君に会いに行けるかな
 
傷つかめように密かに咲いた木陰の一輪の花は
いつかそこで生きる嘘も本当に変えて生きていた
 
ああ 生まれ変わりを願い信じてる
君の胸の底に光る未来があれば…
 
もっとそばに居させて
今 底方(そこい)へと手を伸ばし救いだしたいから
君が忘れそうならば僕が繫げよう
思い出のひとつずつ
 
この広い大地に生まれ生きる「生きている」
時に埋もれ見失いそうになるとき
その葉脈(サビア)の枝の先まで「息をして」
光浴びてこの呼吸感じて
 
辿り着く結末が真実かなんて、今はまだ誰も知らないから
遠く続く道はつまずく事も
厭わないかまわない
 
一人じゃないよ
ただそばに居るから
無数の点が一筋の線を結んだとき、僕が見届けるから
君の生きてた全てを
 
「続イテク続イテク続イテク先ニ」
全てを 見つめ そして 繫げて「終ワラナイ終ワラナイ終ワラナイ道ニ」
「続イテク続イテク続イテク先ニ」
「続イテク続イテク続イテク…」