Fandom

LyricWiki

中島みゆき (Miyuki Nakajima):あぶな坂 Lyrics

1,868,286pages on
this wiki
Add New Page
Talk3 Share

Ad blocker interference detected!


Wikia is a free-to-use site that makes money from advertising. We have a modified experience for viewers using ad blockers

Wikia is not accessible if you’ve made further modifications. Remove the custom ad blocker rule(s) and the page will load as expected.

StarIconGreen
LangIcon
あぶな坂

This song is by 中島みゆき and appears on the album 私の声が聞こえますか (1976).

あぶな坂を越えたところに
あたしは住んでいる
坂を越えてくる人たちは
みんな けがをしてくる
 橋をこわした おまえのせいと
 口をそろえて なじるけど
遠いふるさとで 傷ついた言いわけに
坂を落ちてくるのが ここからは見える


今日もだれが 哀れな男が
坂をころげ落ちる
あたしは すぐ迎えにでかける
花束を抱いて
 おまえがこんな やさしくすると
 いつまでたっても 帰れない
遠いふるさとは おちぶれた男の名を
呼んでなどいないのが ここからは見える


今日も坂は だれかの痛みで
紅く染まっている
紅い花に魅かれて だれかが
今日も ころげ落ちる
 おまえの服があんまり紅い
 この目を くらませる
遠いかなたから あたしの黒い喪服を
目印にしてたのか ここからは見える

Also on Fandom

Random Wiki