Wikia

LyricWiki

松任谷由実 (Yumi Matsutoya):最後の春休み Lyrics

Talk0
1,779,182pages on
this wiki
松任谷由実 (Yumi Matsutoya)
StarIconGreen
This song is performed by 松任谷由実 (Yumi Matsutoya) and appears on the album OLIVE (1979).
The Japanese title of this song is "最後の春休み". This is read as "Saigo No Haruyasumi" and means "Last Spring Break".

JapaneseEdit

春休みのロッカー室に
忘れたものをとりに行った
ひっそりとした長い廊下を
歩いていたら泣きたくなった

目立たなかった私となんて
交した言葉数えるほど
アルファベットの名前順さえ
あなたはひどくはなれてた

もしもできることなら
この場所に同じ時間に
ずっとずっとうずくまっていたい

もうすぐ別の道を歩き
思い出してもくれないの
たまに電車で目と目があっても
もう制服じゃない

窓の近くのあなたの机
ひとりほおづえついてみる
ふたをあけると紺のボタンが
隅のほこりにまぎれてた

もしもできることなら
この場所に同じ時間に
ずっとずっとうずくまっていたい

もうすぐ別の道を歩き
思い出してもくれないの
そよ風運ぶ過ぎたざわめき
今は春休み 今は春休み 最後の春休み
  Romaji
It has been requested that this page be reviewed and a romanization added to a separate subpage, located at 松任谷由実 (Yumi Matsutoya):最後の春休み/roman.
To find all pages with this request, please see Category:Requests For Romanization.

Language: Japanese

After adding the romanization, please remove {{RequestRomanization|Japanese}} from the page.
Translation It has been requested that an English translation be added for this song.
Please put the translation on a subpage rather than on this page.
Language: Japanese

Written by:

松任谷由実 (Yumi Matsutoya)

Around Wikia's network

Random Wiki