Wikia

LyricWiki

中島みゆき (Miyuki Nakajima):おまえの家 Lyrics

Talk0
2,673,118pages on
this wiki
中島みゆき (Miyuki Nakajima)
StarIconGreen
This song is performed by 中島みゆき (Miyuki Nakajima) and appears on the album 愛していると云ってくれ (1978).
The Japanese title of this song is "おまえの家". This is read as "Omae No Ie" and means "Your House".
  Romaji
It has been requested that this page be reviewed and a romanization added to a separate subpage, located at 中島みゆき (Miyuki Nakajima):おまえの家/roman.
To find all pages with this request, please see Category:Requests For Romanization.

Language: Japanese

After adding the romanization, please remove {{RequestRomanization|Japanese}} from the page.
  Translation
It has been requested that this page be reviewed and an English translation added.
To find all pages with this request, please see Category:Requests For Translation.

Language: Japanese

After adding the translation, please remove {{RequestTranslation|Japanese}} from the page.

Original Japanese Edit

雨もあがったことだし おまえの家でも
ふっと 訪ねて みたくなった
けれどおまえの家は なんだかどこかが
しばらく 見ない間に 変わったみたい

前にはとてもおまえが 聞かなかった音楽が
投げつけるみたいに 鳴り続けていたし
何よりドアを開ける おまえが何だか と
言いかけて おまえもね と 言われそうで 黙り込んだ

昔飼っていた猫は 黒猫じゃなかったね
髪型も そんなじゃ なかったね
それはそれなりに 多分似合っているんだろうけど
なんだか前のほうが と 言いかけて 止めた

言い出せないことを 聞き出せもせずに
二人とも黙って お湯の沸く青い火を見ている
何を飲むかと ぽつり おまえはたずねる
喫茶店に 来てる気は ないさ

ねえ 昔よく聴いた あいつの新しいレコードが と
わざと明るく きり出したとき
おまえの涙を見る 
ギターは やめたんだ 食っていけないもんな と
それきり火を見ている

部屋の隅には黒い 革靴がひとつ
くたびれて お先に と 休んでる
お湯のやかんが わめきたてるのを ああと気がついて
おまえは 笑ったような顔になる

何気なくタンスに たてかけたギターを
あたしは ふと見つめて 思わず 思わず 目を背ける
あの頃のおまえの ギターはいつでも
こんなに 磨いては なかったよね

あんまり ゆっくりも してはいられないんだ
今度また来るからと おまえの目を見ずに言うと
そうか いつでも 来てくれよと
そのとき おまえは昔の顔だった

コートの衿を立てて あたしは仕事場へ向かう
指先も 衿もとも 冷たい
今夜はどんなに メジャーの歌を弾いても
しめっぽい音を ギターは出すだろう

Around Wikia's network

Random Wiki